Galleria dell'Accademia(アカデミア美術館チケット)

内容

町の中心部に位置するこの美術館には、フィレンツェの町を芸術の都として知らしめた14~15世紀の偉大な芸術家たちによる絵画や彫刻が並んでいる。 ロートリンゲン大公レオポルドの遺言によって1784年に創設されたこのアカデミア美術館は、隣にあった美術学院の学生たちの勉強のために、様々な時代の絵画や彫刻などの作品を収集し陳列した。 もともとはサン・マッテーオ病院とサン・ニッコロ・ディ・カファッジョ修道院であった建物を改築して美術館が開設された。 1873年になると、ミケランジェロの傑作『ダヴィデ像』が、天候や歳月による損傷を防ぐという理由でこの美術館に移転され、1882年にはエミリオ・デ・ファブリスの設計によって特別に造られた展示室(トリブーナ)に置かれることになった。 時と共に、アカデミア美術館はミケランジェロの彫刻のコレクションでその名を広め、また、フィレンツェの町の芸術活動を盛んにした有名な芸術家たちの作品によって拡充された。 美術館は2階に分かれており、1階は最も有名なフロアと言えるだろう。 入り口に近い「アンティコロッソの間」には、ジャンボローニャによる石膏作りの『サビーニの女たちの略奪』(1582)が現在置かれている。 壁にはアンドレア・デル・サルト作『ピエタ』やフィリッポ・リッピ作『十字架降架』などの祭壇画が並んでいる。 ここから続く廊下にはミケランジェロによる未完の『4人の奴隷たち』が展示されている。偉大な芸術家の力強い手を通じて、巨大な大理石の塊に閉じ込められた囚人がそこから彫り出されたいと叫ぶ声が今にも聞こえてきそうである。 有名な『パレストリーナのピエタ』は1940年に美術館に移されたが、その不均衡な大きさによって、ミケランジェロの作品かどうかの真偽は定かではない。 廊下の先の展示室(トリブーナ)の中心には、『ダヴィデ』像がそびえ立っている。1501年にフィレンツェ市の依頼によって制作され、自由のシンボルとして最初はシニョリーア広場のヴェッキオ宮殿前に置かれていた。 この『ダヴィデ』像は、聖書にでてくる英雄ダヴィデが投石器を握りしめ、巨人ゴリアテを打ち負かそうと力を集中させ、相手を睨みすえている姿をとらえている。 25歳を迎える少し前に、ミケランジェロは、この仕事を400スクードで引き受けたのだが、彼が用いた大きな大理石は、他の芸術家が制作を試みた後放棄したものだったので、かなりひどい状態であった。 そして、一見使用不可能と思われたこの大理石から、まさにルネッサンスの傑作が生み出されたのである。 このトリブーナの両翼には、16世紀のフィレンツェ美術が並んでいる。トリブーナの左翼のつきあたりは「19世紀の間」となっており、そこにはロレンツォ・バルトリーニ(1777- 1850)に捧げられた石膏塑型の陳列室がある。石膏塑型の陳列室は 1985年に開設された。約300ある中上流階級の胸像の中には、美術学院の教授だったバルトリーニ自身の像もあり、又、ヴィーナスなどギリシャ神話をテーマとした彫刻が立ち並んでいる 1階は14世紀前半のフィレンツェ絵画が集められた三つの「ビザンチンの間」で締めくくられる。最初の部屋に入ると、パチーノ・ディ・ボナグイダ作『生命の木』に目を奪われる。これはボナベントゥーラによる同題の書物のイラストで、キリストと聖人たちの一生のエピソードと創世記のシーンが描かれている。 二番目の部屋にはタッデオ・ガッディによる板絵がある。これは1330年頃サンタクローチェ教会製具室の戸棚の装飾として描かれたものである。 三番目の部屋には、アンドレア、ナルド、ヤコポ・ディ・チョーネのオルカーニャ3兄弟による13世紀のフィレンツェの祭壇画が並んでいる。 2階にある4つの間は1985年に開設された。その最初の部屋にはジョバンニ・ダ・ミラーノとフィレンツェの画家たちによる絵画がある。第2の部屋には、力強くて濃い色彩が特徴のアンドレア・オルカーニャの絵画など、14世紀後半のフィレンツェ絵画が並んでいる。第三の部屋では、有名な細密画家のロレンツォ・モナコ(1370-1423)による作品を見ることができる。第四の部屋には、ロレンツォ・モナコの装飾画などのフィレンツェ後期ゴシック絵画とゲラルド・スタルニーナと同時代の作家たちによるゴシックの作品が並んでいる。

内容

Accademia Galleryへの予約入場は15分間隔で受け付けます。

ご予約の前に知っていただくべき事ご予約の前に知っていただくべき事ご予約の前に知っていただくべき事

重要:予約が完了したら、2通のeメールをお受け取りいただくことになります。1通はお客様のオーダー内容のコピー(ご予約完了後すぐに送信されます)、もう1通は弊社からの確認のメールです(1営業日後に送信されます)この2通のメールをお受け取りになれるように、お客様のメールアドレスは正確にご入力ください。また弊社のアドレス[email protected] からのメールをお受け取りになれるように、スパム対策やアンチウィルスのシステムの調節をお願いいたします。AOL、Comcast、Sbcglobal.netのご利用者の方はとくにお気をつけください。1営業日後に、マイページからバウチャーをダウンロードしていただけます。重要:予約が完了したら、2通のeメールをお受け取りいただくことになります。1通はお客様のオーダー内容のコピー(ご予約完了後すぐに送信されます)、もう1通は弊社からの確認のメールです(1営業日後に送信されます)この2通のメールをお受け取りになれるように、お客様のメールアドレスは正確にご入力ください。また弊社のアドレス[email protected] からのメールをお受け取りになれるように、スパム対策やアンチウィルスのシステムの調節をお願いいたします。AOL、Comcast、Sbcglobal.netのご利用者の方はとくにお気をつけください。1営業日後に、マイページからバウチャーをダウンロードしていただけます。重要:予約が完了したら、2通のeメールをお受け取りいただくことになります。1通はお客様のオーダー内容のコピー(ご予約完了後すぐに送信されます)、もう1通は弊社からの確認のメールです(1営業日後に送信されます)この2通のメールをお受け取りになれるように、お客様のメールアドレスは正確にご入力ください。また弊社のアドレス[email protected] からのメールをお受け取りになれるように、スパム対策やアンチウィルスのシステムの調節をお願いいたします。AOL、Comcast、Sbcglobal.netのご利用者の方はとくにお気をつけください。1営業日後に、マイページからバウチャーをダウンロードしていただけます。

アカデミア美術館

町の中心部に位置するこの美術館には、フィレンツェの町を芸術の都として知らしめた14~15世紀の偉大な芸術家たちによる絵画や彫刻が並んでいる。

ロートリンゲン大公レオポルドの遺言によって1784年に創設されたこのアカデミア美術館は、隣にあった美術学院の学生たちの勉強のために、様々な時代の絵画や彫刻などの作品を収集し陳列した。

もともとはサン・マッテーオ病院とサン・ニッコロ・ディ・カファッジョ修道院であった建物を改築して美術館が開設された。

1873年になると、ミケランジェロの傑作『ダヴィデ像』が、天候や歳月による損傷を防ぐという理由でこの美術館に移転され、1882年にはエミリオ・デ・ファブリスの設計によって特別に造られた展示室(トリブーナ)に置かれることになった。

時と共に、アカデミア美術館はミケランジェロの彫刻のコレクションでその名を広め、また、フィレンツェの町の芸術活動を盛んにした有名な芸術家たちの作品によって拡充された。

美術館は2階に分かれており、1階は最も有名なフロアと言えるだろう。

入り口に近い「アンティコロッソの間」には、ジャンボローニャによる石膏作りの『サビーニの女たちの略奪』(1582)が現在置かれている。

壁にはアンドレア・デル・サルト作『ピエタ』やフィリッポ・リッピ作『十字架降架』などの祭壇画が並んでいる。

ここから続く廊下にはミケランジェロによる未完の『4人の奴隷たち』が展示されている。偉大な芸術家の力強い手を通じて、巨大な大理石の塊に閉じ込められた囚人がそこから彫り出されたいと叫ぶ声が今にも聞こえてきそうである。

有名な『パレストリーナのピエタ』は1940年に美術館に移されたが、その不均衡な大きさによって、ミケランジェロの作品かどうかの真偽は定かではない。

廊下の先の展示室(トリブーナ)の中心には、『ダヴィデ』像がそびえ立っている。1501年にフィレンツェ市の依頼によって制作され、自由のシンボルとして最初はシニョリーア広場のヴェッキオ宮殿前に置かれていた。

この『ダヴィデ』像は、聖書にでてくる英雄ダヴィデが投石器を握りしめ、巨人ゴリアテを打ち負かそうと力を集中させ、相手を睨みすえている姿をとらえている。

25歳を迎える少し前に、ミケランジェロは、この仕事を400スクードで引き受けたのだが、彼が用いた大きな大理石は、他の芸術家が制作を試みた後放棄したものだったので、かなりひどい状態であった。

そして、一見使用不可能と思われたこの大理石から、まさにルネッサンスの傑作が生み出されたのである。

このトリブーナの両翼には、16世紀のフィレンツェ美術が並んでいる。トリブーナの左翼のつきあたりは「19世紀の間」となっており、そこにはロレンツォ・バルトリーニ(1777- 1850)に捧げられた石膏塑型の陳列室がある。石膏塑型の陳列室は 1985年に開設された。約300ある中上流階級の胸像の中には、美術学院の教授だったバルトリーニ自身の像もあり、又、ヴィーナスなどギリシャ神話をテーマとした彫刻が立ち並んでいる

1階は14世紀前半のフィレンツェ絵画が集められた三つの「ビザンチンの間」で締めくくられる。最初の部屋に入ると、パチーノ・ディ・ボナグイダ作『生命の木』に目を奪われる。これはボナベントゥーラによる同題の書物のイラストで、キリストと聖人たちの一生のエピソードと創世記のシーンが描かれている。

二番目の部屋にはタッデオ・ガッディによる板絵がある。これは1330年頃サンタクローチェ教会製具室の戸棚の装飾として描かれたものである。

三番目の部屋には、アンドレア、ナルド、ヤコポ・ディ・チョーネのオルカーニャ3兄弟による13世紀のフィレンツェの祭壇画が並んでいる。

2階にある4つの間は1985年に開設された。その最初の部屋にはジョバンニ・ダ・ミラーノとフィレンツェの画家たちによる絵画がある。第2の部屋には、力強くて濃い色彩が特徴のアンドレア・オルカーニャの絵画など、14世紀後半のフィレンツェ絵画が並んでいる。第三の部屋では、有名な細密画家のロレンツォ・モナコ(1370-1423)による作品を見ることができる。第四の部屋には、ロレンツォ・モナコの装飾画などのフィレンツェ後期ゴシック絵画とゲラルド・スタルニーナと同時代の作家たちによるゴシックの作品が並んでいる。

アカデミア美術館の入場についての規則

見学中は、入場チケットを常に携帯してください。


安全上、入場前に、金属探知機によるコントロールがおこなわれます。 刃物や、危険物は持ち込むことができません。また、武器の持ち込みも禁止されています。


いかなる動物も入場できません。ただし、盲導犬、身体 障害者補助犬は例外で、入場の際は、保健所が発行する証明書を提示しなければなりません。

12
歳以下のお子さまは、保護者が同伴しなければなりません。

館内には、荷物預かり所がありません。スーツケース、 大きなお荷物、ヘルメット、40x30x18 cm を超えるサイズのいかなるものは持ち込むことができません。
携帯電話は、電源を切るか、サイレンスモードにしてください。

館内は下記が禁止されています。

  • 喫煙(電子タバコも含む)

  • フラッシュ、自撮り棒、三脚、その他大きな器具を使っての撮影

  • 飲み物の持ち込み(瓶カンを含む)。プラスチックボトル500mlの水のみ許可されています。

  • 見学中の飲食

  • 床や階段に座ること

  • 折りたたみ傘以外の傘。傘立てがありますので、ご利用ください。

  • 展示品や、他の見学者に危害をあたえる行為

  • 展示品に触れたり、毀損の可能性のあるものに近づくこと

  • 壁に書いたり、汚したりすること

  • 絵具、ペン、チョーク、その他の画材でスケッチすること。鉛筆、デジタルの道具は許可されてい ます。

  • ブックショップ、出口に設置されているゴミ箱以外にゴミを捨てること

  • 彫刻の台座や壁によりかかること、ベンチや椅子に立つこと

  • 館内を走ること

  • 叫んだり、大きな声を出すこと

  • 館内表示や、館内スタッフの指示に従わないこと

  • 鑑賞の場所にふさわしくない服装(水着、露出の多い服など)

  • 上半身裸、裸足でいること

  • 不適切な行動(髪をとかす、化粧をする、靴を履き替える、子どものおむつを替えるなど)

各部屋には、制服 を着た館内スタッフがいて、この規則、展示品と見学者の安全を管理しています。館内スタッフは、展示品または、他の見学者に危害を与える行為をした人を退 館させる権利を持っています。

緊急時の行動
緊急時は、所定の表示館内スタッフの指示にしたがってください。避難 時は、見学者は、スタッフの指示に従わなくてはいけません。

アカデミア美術館でのグループの特別規定

グループ

各グループの人数は、10月から2月は25人、3月から9月は20人を超えてはなりません。

アカデミア美術館の館内では、認可された公式の観光ガイドのみが同行 することが許されており、この規定に従わなければなりません。

館内を静寂に保つために、201921日から、ガイドを含め8人を超えるグループ(学生のグループ も同様)は、イヤホンガイドの装着が義務付けられています。イヤホンガイドをもっていない場合、館内でのレンタルがあります。ただし、下記 に該当する場合は例外です。

  • 小学生以下の子ども

  • 車椅子を利用の方

  • 国関連の見学

  • 学校のグループで、フィレンツェのアカデミア美術館の教育部が案内するもの

  • 館長室から許可されたグループで、大学の研究を目的とするもの

  • 教育課程のグループで、見学者同士対話をするもの。ただし、館長室の特別な許可を得なければな らず、余裕をもった事前の予約が必要。

レーザーポイン ターを使って、作品を指し示すことは禁止されています。


ヨーロッパ共同体の公立および私立学校:

ヨーロッパ共同体の公立および私立学校は、公式代理店を通して予約を することにより、フィレンツェの国立美術館に無料で入場することができます。

オーディオガイドのレンタルサービス

あなたは、日付、時刻、チケットの番号を選択した後、アカデミーギャラリー(AccademiaGallery)への訪問のためのオーディオガイドを予約することができます。

オーディオガイドは、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語でご利用いただけます。

ガイド付きツアーの期間は75分です。サービスは、ギャラリーの中で最も重要な作品の選択を提供し、ユーザーが希望する部屋を選択し、その作品の選択について説明します。

あなたは、博物館への訪問の確認バウチャーと一緒に確認バウチャー(唯一のオーディオガイドのために有効)が表示されます。有効な身分証明書(受け入れられた唯一のオリジナルパスポート、IDカードまたは運転免許)と一緒に - 本屋、チケット売り場の前に置かれた - オーディオガイドを拾うためには、オーディオガイドデスクでは、このバウチャーを入金してください。

損失またはオーディオガイドを返すために障害が発生した場合に、訪問者は、コストを支払うことを要求されます(各オーディオガイドのための€250.00)。

開始時刻 Accademia Gallery

日曜日~火曜日: 8:15~18:50。月曜日休館 臨時の夜間営業:

  • 毎週火曜日と木曜日の6月4日から9月26日の午後7時から午後10時まで)

チケットの種類

通常チケット

割引チケット:
18才から25才までのEU加盟国の国籍をもつ者(身分証明書を提示のこと)

無料チケット:
あらゆる国籍の18歳未満のお子様, 12才以下の子どもは、建築学部、文化財保存学科、教育学科、文学部、考古学科か文化遺産科の文献学部、文学哲学部のいずれかに所属する教師か学生を同伴 のこと。(同伴者が学生の場合は学生証を提示のこと)
イタリアの国立学校の常勤教師(身分証明書提示のこと)
アカデミアの教師または学生(学生の場合は学生証を提示のこと)
職務中の観光ガイド(関係当局発行の有効期間内のライセンス提示のこと)
観光ガイドに随行する通訳者(関係当局発行の有効期間内のライセンス提示のこと)
文化財・文化活動省の職員
イコム(ICOM国際博物館会議)の会員
大学等の教育機関、アカデミー、イタリア内外の研究機関、文化財・文化活動省のための研究目的、あるいはその他の特別な事情がある場合には、各施設の学長 は、期間限定の無料入場チケットの要請書を発行することができます。

入場無料毎月第一日曜日

国際女性デーを契機に、2017年3月8日は女性に美術館や状態の文化遺産への無料入場を許可されます。

学校:
入場無料。ご予約は直接美術館にて行ってください。

チケット割引や無料の条件に該当する場合、あるいは特別入場無料日の場合でも、予約料及び特別展入場料はかかります。礼拝堂入場時には、割引のために必要 な身分証明書を必ずお持ち下さい。

キャンセルポリシー

コンファームを行ったあとでも、見学のキャンセルと未使用チケットの払い戻しはできます。ただし、払い戻し金の中から手数料は差し引かせていただきます。

価格の詳細

時刻表

Share this Service