大公・大公妃との謁見、大公の宮殿を訪問ツアー

大公・大公妃との謁見、大公の宮殿を訪問ツアー

1537年、メディチ家のコジモ一世がフィレンツェ公に選出されました。
この人物は後に豪華王ロレンツォ以来、メディチ家の歴史において最も主要な人物の一人となります。    
長年のフィレンツェの敵国であったピサ、シエナを陥落した後、トスカーナの広大な領土を一つに統一し、トスカーナ大公となった彼は、ヴェッキオ宮殿の改装、ウフィッツィの建設、ピッティ宮殿やボーボリ庭園の拡大工事などを指示し、1500年代半ばフィレンツェはルネッサンス以来大きな変容を迎えました。
この企画では、訪問者はこの大公、もしくは大公妃の招待を受け、ヴェッキオ宮殿内を見学し、16世紀のメディチ家の旺盛の時代、政略結婚や、子供を11人設けたコジモ一世の妻、大公妃エレオノーラの話などの話などを聞いた後、大公・大公妃との謁見を受けます。
メディチ家の人物に扮したイタリア人スタッフと通訳を介しながら会話を交わすことにより、当時の社会背景と現代とはかけ離れた当時の人生観などに出会います。

価格の詳細

時刻表

Share this Service