ローマ国立博物館 (4箇所)

ご予約の前に知っていただくべき事ご予約の前に知っていただくべき事ご予約の前に知っていただくべき事

重要:予約が完了したら、2通のeメールをお受け取りいただくことになります。1通はお客様のオーダー内容のコピー(ご予約完了後すぐに送信されます)、もう1通は弊社からの確認のメールです(1営業日後に送信されます)この2通のメールをお受け取りになれるように、お客様のメールアドレスは正確にご入力ください。また弊社のアドレス[email protected] からのメールをお受け取りになれるように、スパム対策やアンチウィルスのシステムの調節をお願いいたします。AOL、Comcast、Sbcglobal.netのご利用者の方はとくにお気をつけください。1営業日後に、マイページからバウチャーをダウンロードしていただけます。重要:予約が完了したら、2通のeメールをお受け取りいただくことになります。1通はお客様のオーダー内容のコピー(ご予約完了後すぐに送信されます)、もう1通は弊社からの確認のメールです(1営業日後に送信されます)この2通のメールをお受け取りになれるように、お客様のメールアドレスは正確にご入力ください。また弊社のアドレス[email protected] からのメールをお受け取りになれるように、スパム対策やアンチウィルスのシステムの調節をお願いいたします。AOL、Comcast、Sbcglobal.netのご利用者の方はとくにお気をつけください。1営業日後に、マイページからバウチャーをダウンロードしていただけます。重要:予約が完了したら、2通のeメールをお受け取りいただくことになります。1通はお客様のオーダー内容のコピー(ご予約完了後すぐに送信されます)、もう1通は弊社からの確認のメールです(1営業日後に送信されます)この2通のメールをお受け取りになれるように、お客様のメールアドレスは正確にご入力ください。また弊社のアドレス[email protected] からのメールをお受け取りになれるように、スパム対策やアンチウィルスのシステムの調節をお願いいたします。AOL、Comcast、Sbcglobal.netのご利用者の方はとくにお気をつけください。1営業日後に、マイページからバウチャーをダウンロードしていただけます。

内容

ローマ国立博物館は、考古学上、世界でも最も重要なコレクションのうちのひとつで、アウラオッタゴナ美術館の一部であるディオクレティアヌス帝の浴場、 マッシモ宮、アルテンプス宮からなっています。8日間有効の共通チケットで、マッシモ宮、アルテンプス宮、バルボのクリプタ、ディオクレティアヌス帝の浴 場へ入場できます。

ローマ国立博物館

マッシモ宮のある場所には、セスト5世の居邸だったヴィッラ・ペレッティがありました。ヴィッラ・ペレッティの所有者がマッシモ家です。この建物は テルミニ駅の建設により損壊され、1883年に取り壊されました。現在の建物は、1883年から1887年にかけて、建築家カミッロ・ピストルッチの設計 で作られたものです。これは6階層から成るネオ・チンクエチェント様式の建物で、ほぼ1世紀にわたり、イエズス会新学校として使用されてきました。第2次 世界大戦中には部分的に病院として使われましたが、1960年代までにまた学校となりました。

博物館とするために、この建物を政府が購入したのは1981年のことです。1988年にはここはローマ国立博物館の1つとなりました。ローマにはほ かに、アルテンプス宮、バルビのクリプタ、楽器博物館、ディオクレティアヌス帝の浴場などの国立博物館があります。

マッシモ宮に所蔵されているのは、古代ローマの絵画と彫刻、貨幣、宝飾品などのコレクションです。3つの階を使用した展示室で、これらの作品を鑑賞 することができます。

1階では貨幣研究に基づくコレクションと宝飾品を展示しています。ここにあるのは、世界でもっとも完成された古代ローマ貨幣コレクションだといって いいでしょう。キルケリアーノ博物館の所蔵品の他、フランチェスコ・ニェッキ、イタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世等の個人コレクションに、 ローマ市内やラツィオ州の中で発掘された貨幣を加えたものです。この展示を見ればローマ貨幣史が一望でき、起源から近代までのその発達をたどることができ ます。

すぐ横には、ローマとその近郊の古い墓から発掘された宝石箱が展示されています。ローマ帝国における、服飾とファッションの歴史と発達をここでご覧 いただけます。貨幣コレクションのすぐ近くの部屋には、ローマで確認されている唯一のミイラが安置されています。これは8歳以前の女児のミイラで、カッシ ア街道にあった墓で見つかったものです。

古代美術コレクションは、建物の1階、2階、3階に展示されています。これらの膨大な作品群は、共和制の終わり頃から帝政期の終わり頃までに製作さ れたものです。多くはギリシア時代の作品の模倣で、サッルスティオ庭園の発掘現場で発見されました。

1階の展示物は、胸像、モザイク、碑文、装飾彫刻などです。これらの製作時期は、ギリシアを征服したあと、共和制から地中海の一大帝国へとローマが 変貌するまでの間だと考えられています。

2階にも、胸像を中心とした彫刻コレクションが展示されています。重要かつ有名な古代ローマの装飾彫刻は、大広間で見ることができます。この階では カリグラ帝のブロンズの装飾も見逃せません。

3階は、古代のヴィッラで発見された印象的なモザイクと絵画の展示室で構成されています。最大の見どころは、ファルネーゼ邸の地下で発見された古代 ローマのヴィッラに描かれていたフレスコ画です。この絵が描かれている部屋は、リヴィア邸地下の最初の入り口にあたるところだと考えられています。壁一面 に描かれたフレスコ画のテーマは、古代ローマ時代の庭園で、保存状態も良好です。

この建物自体が、ローマにおけるとても興味深いルネサンス建築物のひとつです。1477年にジロラモ・リアーリオによってこの建設が始まりました。 場所は古代遺跡が点在する地区の中の、大理石工房があった場所が選ばれました。それはおそらく、アポロ神殿の近くだと考えられています。1997年からこ の建物は、マッシモ宮、ディオクレティアヌス帝の浴場、バルボのクリプタとともに、ローマ国立博物館の1つとなりました。

建物の中に収められているのは主に彫刻で、これらはルネサンスやバロック期に発掘されたすばらしい考古学遺物です。ボンコンパーニ・ルドヴィシの有 名なコレクション、アズドルバーレとチリアコ・マッテーイによる16世紀のコレクション、同様のアルテンプスコレクションなどから、こちらの展示物は構成 されています。アルテンプス・コレクションの中の16個の彫刻を、政府は購入することに成功しました。そのうちの4作品は、北側回廊に展示されています。

代表的展示物の中に、ルドヴィシのコレクションの中のすばらしい1品もあります。これはヴィーナスの誕生を刻んだ、「ルドヴィシの玉座

とよばれる作品です(おそらくは紀元前5世紀の大ギリシアの作品の模作)。また抱き合いながら別れを告げるオレステとエレットラを含む見事な作品 群、ウィンケルマンによって「古代作品の中でもっとも美しいマルス」と評された「アレース・ルドヴィシ」なども見逃せません。

重要な作品は宴会の間にも展示されています。「自殺するガリア人」(これといっしょに発掘された作品は、現在はカピトリーニ美術館が所蔵していま す)、「パラス・アテネ」のようなギリシア作品の模作、紀元前2世紀のフィディアとヘラクレス作品のコピー、リュシッポスの作品の模作などがここでの見ど ころでしょう。

エジプト関連の作品を展示する部屋は、1部屋を見学できます(他は準備中です)。ツアーはサンタニチェート教会へ向かいます。ここは1603年に ジョヴァンニ・アンジェロ・アルテンプスによって設立された建築物で、ローマを代表する教会のひとつです。この教会の魅力は、財産の豊富さだけではありま せん。個人の邸宅部分に残されている膨大な聖遺物の中に、初期の司教であったサンタニチェートの衣服までこの教会は所蔵しています。ゴルドーニ劇場の近く にあるサンタニチェート教会は、近年修復を終え、会議場としても使われるようになりました。

バルボのクリプタのような博物館は、ほかに例がありません。マッシモ宮、アルテンプス宮、ディオクレティアヌス帝の浴場とともに、ここはローマ国立 博物館のひとつです。もともとバルボのクリプタは円柱で囲まれた広い中庭で、アウグストゥスの命令によりコルネリオ・バルボが紀元前1世紀の終わりに建設 した劇場に付属していました。いまではこの場所は古代ローマ社会の発展を示すすばらしい遺産であり、ここを見学すれば、古代から20世紀までどのように都 市が変わっていったのかを理解することができます。

20年におよぶ発掘作業と調査のおかげで、遺跡がどのように改修され再利用されていったのかがわかりました。古代から中世へ移行する暗黒時代の、社 会習慣と経済活動までこの遺跡から伺うことができます。

この博物館のある場所は、ボッテーゲ・オスクレ通りとM・カエターニ通りの間です。博物館の一角は『バルベリアの寄宿舎』と、ボッテーゲ・オスクレ 通りに面する2つの中世の家になっています。

ツアーでは3つの階におよぶ展示物の見学と、さまざまな建築物の間の散策も行います。クリプタの発掘で見つかったさまざまな時代の皿、工具、考古学 的遺物とともに、ローマ国立博物館が所蔵する歴史コレクションからの出展物(キルケリーノ博物館の所蔵品。ゴルガ・エ・ベッティ・コレクションのメダル 類)もここでご覧いただけます。

劇場を囲む壁だったエクセドラの遺跡が一般公開されたのは、ほんの少し前のことです。古代の遺跡が次々と再利用されていった痕跡がここではよくわか ります。ワイン倉からは、クリプタの構造がよく観察できます、また中世に拡張された痕跡のある、穀物を無料で配っていた場所(ポルティクス・ミヌーチャ) の遺跡の構造も見ていただけるでしょう。

ディオクレティアヌス帝の浴場は3世紀の終わり頃に建設されました。この場所もいまではローマ国立博物館のひとつとなっています。

カラカラ帝の浴場が建設されてから約1世紀後、ディオクレティアヌス帝はそれを超えるものを作ろうと決心しました。これまでになかったほど大きく美 しい浴場建築を作るよう、帝は命令を与えます。こうした始まった大浴場の建設は、298年から305年までの年月をかけて作られました。この建築現場には 500人以上の奴隷労働者がいたと考えられています。

これらの公衆浴場は、ローマ人にとって社会生活の中心であると同時に、文化センターのようなところでした。3000人以上を収容でき、大理石を暖め ることで温度を調節した、いろいろな温かさの湯をためた浴槽を備えていました。男性用と女性用に空間は分けられ、サウナ、庭園、飲食コーナー、ジム、美術 品を並べた回廊、書店、コンサートホールまであったことが、遺跡からわかっています。

この巨大な複合建築物の真ん中には、中心となる建物がありました。この建物の平面図には、短い横軸と長い縦軸があったことがわかっています。短い横 軸上にはカリダリウム、テピダリウム、ナタティオが配置され、長い縦軸上には、広い庭園を備えた複数のジムが配置されていました。この建物の外側には広い 部屋(おそらく講演や会議のために使われた場所)、書店だったらしい長方形の細長い部屋、西と南の角にある円形の部屋などが確認されています。円形の部屋 はその後、サン・ベルナルド・アッレ・テルメ教会や劇場付きレストランとして再利用されました。

現在の共和国広場には、この大浴場の巨大な壁であったエクセドラのラインが残っています。その前にはカリダリウム、テピダリウム、そしてバジリカが あります。このバジリカは1561年にミケランジェロの手で、サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会に改装されたものです。

教会の入り口から祭壇へつづく床には日時計があります。もとはこの入り口は、カリダリウムとテピダリウムの間に作られていました。祭壇は身廊の横軸 上に作られ、そこへ向けて浴場の中心構造が両側から伸びています。この部分はヴェンヴィテッリが装飾を施しました。古代の遺跡基盤を利用した内陣の構造は 見事で、大きさや高さには目を見張るばかりです。現在このバジリカでは、国家に尽くした戦没者のための葬儀が執り行われています。またクリスマスと復活祭 のときには、賛美歌のコンサートもここで開かれます。

サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会を取り囲むように、さまざまな建築物が並んでいます。それらはすべて大浴場の遺跡を再利用したものです。サ ン・ベルナルド教会、ヴィミナーレ通りとテルメ・ディ・ディオクレツィアーノ通りの間にある角を囲む建築物は、遺跡の特徴をよく残しています。教会の左側 にはもうひとつ別のカリダリウムの跡があります。ここは以前プラネタリウムとして使用されていましたが、現在ではローマ国立博物館所属の8角形講義場と なっています。この巨大な部屋のうえには、大理石の彫刻を配したクーポラがあります。これらの彫刻はカラカラ帝やディオクレティアヌス帝の大浴場跡にあっ たものです。中でも貴重なのは、ボクサーとコッレ・クィリナーレの競技者を模った2体の彫刻でしょう。地下の発掘により、浴場の湯を沸かすための窯の跡 や、ディオクレティアヌス帝時代の建築物の基盤などが出土しています。

ルドヴィシ家コレクションやキルケリアン博物館コレクションからの寄贈をもとに、この博物館は1889年にオープンしました。およそ1万点の碑文、 石棺、モザイク、フレスコ画がここに収められています。皇帝のヴィッラから発見された作品を展示するセクションは見逃せません。

キャンセルポリシー

コンファームを行ったあとでも、見学のキャンセルと未使用チケットの払い戻しはできます。ただし、払い戻し金の中から手数料は差し引かせていただきます。

価格の詳細

時刻表

Share this Service