バチカン博物館 (Vatican Museums)

バチカン博物館 (Vatican Museums)

TAG: Botticelli

非常に重要な注意:

世界でも指折りの美術館であるバチカン博物館。歴代の法王のプライベートコレクション、ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂は必見。

注意:コロッセオ約2カ月の日付の訪問を確認し、その予約はキャンセル待ちへの挿入を保証します。クレジットカード手数料は、予約要求の後の営業日となる。

重要:バチカン美術館グループすべての参加者の誕生の名前と日付を入力しカートに予約を追加した後注文フォームの該当するフィールドに名前と日付を入力してください

<予約方法>
ボックスに、ご希望の日付、時間、チケットの種類、枚数を入力します。
購入チケットの詳細を確認し、支払画面に進みます。
E-mail、再度E-mail、名字、名前、バウチャー名(お申込者の名前)、参加者全員の名前、電話番号、住所、都道府県、国、郵便番号を記入します。
プライバシーポリシーの同意にチェックを入れます。
希望時間に空きがない場合、同日の一番近い時間に予約が入ることに同意するチェックを入れ、送信します。
予約確定メールが記入したメールアドレスに送付されます。プリントアウトして見学当日お持ちください。予約時刻の15分前までに現地に行き、予約確定メールと身分証明書をご提示ください。

*予約はご希望日の4日前までにお願いいたします。
*希望時刻の予約が取れない場合は同日の一番近い時間になります。
*予約キャンセルと払い戻しには応じられません。
*見学の日時、人数等に変更がある場合は、予約時刻の1時間前までに「レセプション・デスク」へ予約確定メールを提示し、変更内容を伝えて下さい。

この予約は、Weekend a Firenze Srlの予約システムによるものです。Weekend a Firenze Srlは、美術館のレセプションによる遅れについていかなる責任も取りません。

 

バッグ類についての規則:

 ・携帯品預かり所の係員は、来場者の方に対して、手荷物と個人の携行品の預け置きを要求できます。荷物がどのような形状、素材、サイズであっても例外とはなりません。ただし上着、帽子、バッグに収められる折りたたみ傘は除きます。

 ・スーツケース、口の閉じたバッグ、40×35×15cmを超えるサイズの入れ物類はすべて携帯品保管所へ預けていただきます。

 ・リュックサックは携帯品保管所へ原則として預けていただきます。ただし肩へ掛けたときに、最大でも15cm以内の幅しかない小型リュックは例外とします。

 ・先の尖った傘は、携帯品保管所へ必ず預けていただきます。また(障碍者が歩行中に必要としない場合の)杖、写真や動画撮影のための三脚、ポスターやあらゆる種類のプラカード(公認ガイドが使うものは除く)なども預けていただくことになります。

 ・ナイフ、鋏、または美術館内で人や作品に危害を加えることのできる、あらゆる種類の金属製の工具(有り合わせの凶器)は預けていただきます。

 ・(あらゆる種類の)火器、危険度の高い品物などは、荷物保管所へ預けることはできません。またこれらを持ったまま、美術館へ入場することもできません。

  •  

ヴァチカン博物館は、世界でもっとも巨大で、無駄のない豊富なコレクションをもつ複合ミュージアムです。古代以降のローマの歴史のほぼすべてをカバーする、膨大な収蔵品がここにはあります。歴代法王が注文した、ルネサンス期の重要なほとんどの作品もここで見ることができます。

 

その名の通り、ヴァチカン博物館はヴァチカン宮殿の中にあります。単一の博物館ではなく、これは複数のミュージアムの総称です。古代彫刻、ルネサンス絵画、エトルリア遺物、エジプト工芸品などは、ヴァチカン博物館のいたるところで見ることができます。ヴァチカン博物館を構成するおもなミュージアムは次の通りです。エジプト美術館、キアラモンティ美術館、クレメンス4世とピウス6世美術館、エトルリア美術を集めたグレゴリアーノ美術館、ローマ古代美術館、壷コレクションの間、二輪馬車のサロン、大燭台のギャラリー、タペストリーのギャラリー、地図のギャラリー、ピウス5世の居室、ソビエスキ王の間、無原罪のマリアの部屋、ラッファエッロの間、近代キリスト教美術館、システィーナ礼拝堂、図書館、ヴァチカン絵画館、グレゴリアーノ世俗美術館、ピウス・キリスト教美術館、民俗学博物館、馬車博物館。

 

システィーナ礼拝堂は、世界でもっとも有名な場所のひとつです。ここでは新法王選出会議コンクラーベが開催され、枢機卿によるその他の重要な祭儀が執り行われます。バッチョ・ポンテッリが1475年から1481年までに作った設計に基づき、ジョヴァンニーノ・デ・ドルチがこの建物を作りました。礼拝堂の名前は、建設を命じた法王セスト4世の名にちなんだものです。部屋は屋根のある巨大な長方形をしていて、大理石の壁で2つの部分に分けられています。仕切りの壁と透かし格子は、ミーノ・ダ・フィエーゾレをはじめとする複数の芸術家によって作成されたものです。

 

チケットの種類
大人
割引価格: 国際学生証所有の26歳以下の学生、6~18歳
無料チケット: 6歳以下の子供

ご注意:バウチャーまたはチケットの提示なしに、予約された視力への入場は拒否されます。オーダーの控えでは入場は認められません。例外は認められませんので、十分にご注意ください。
ツアーオペレーター Weekend a Firenze Provided by Weekend a Firenze
ブック
最低料金 9.11€
1. 日にちを選んでください
価格の詳細 ヘルプが必要ですか?