Museo Civico di Siena  シエナ市立美術館

Museo Civico di Siena シエナ市立美術館

シエナ市立美術館-プッブリコ宮内
カンポ広場、1番地‐53100 シエナ

開館時間:
11月1日~3月15日 10:00~18:00
3月16日~10月31日 10:00~19:00
臨時開館日 1月1日 12:00~18:00
チケット売場の閉館は、市立美術館閉館の45分前です。
12月25日は閉館

ご予約は、見学日の平日1日前までにお願いします。

ご予約は簡単です!ご希望のチケットをショッピングカートに入れた後、注文フォームを記入し、送信していただくだけです。

ご予約の前に、次の規定をよくお読みください。

重要:ご予約が完了しますと、2通の電子メールが送信されます。1通は予約内容の確認で(予約受け付け後すぐに送信されます)、もう1通は予約完了の通知です(1営業日後の送信となります)。これらを確実に受け取っていただくために、電子メールのアドレスを正確にご入力いただきますようお願いします。また迷惑メール防止機能によって、送信元のアドレス([email protected])がブロックされないように設定をお願いします。AOL、Comcast、Sbcglobal.netご利用者の方は特にご注意ください。バウチャーは1営業日後に発券できます。次のページへお進みいただいて、バウチャーを印刷してお使いください。http://it.firenze.waf.it/get_vouchers2.php

注意:ご希望の予約時間の入場人数がすでに満員に達している場合は、指定された日にちのうちで、ご希望に最も近い入場時間を自動的に予約設定させていただきます(ご希望の時間帯から大きく異なってしまう場合もありますのでご了承ください)。

キャンセルについて:
チケットの払い戻しは次の場合のみ可能です。その際には、チケット売場にて、未使用チケットをご提示いただくようお願いします。
1.市議会開催、あるいはその他の行事により、閉館しているとき
2.ご予約で購入された人数分より、実際の入場者数が少ないとき。最大5人分まで、チケット代金の払い戻しを受けられます

プッブリコ宮を建設するにあたり、1297年7月に評議会と第3地区の住人代表との間で、話し合いが行われました。シエナ都市政府を代表する9人会は前もって条例を出し、カンポ広場に接する、チッタ通りとフランチージェナ通りに家を所有していた住人対し、プッブリコ宮に似た、大きく美しい家は作るべからずと命じていました。プッブリコ宮建設に伴う都市環境の整備に際し、彼らが自らの家を新築したり改築したりすることで、都市政府に対抗する権力と威勢を誇示しようとするのを何としても防ぐためでした。

ところで、誰がこの素晴らしいプッブリコ宮を設計したのかはわかっていません。記録に残されている職人たちは、無名の人たちばかりで、たとえば、「細密画とカリグラフィー」を担当した師匠ジョヴァンニ、という風に記されているばかりです。シエナで仕事を得ていた職人たちの伝統は、いつどんな時も、それがたとえ小さな仕事であっても、ただ熱意をもって職務を遂行すればよいというものでした。プッブリコ宮建設のような大きな仕事でさえ、それを成し遂げた後にも、名を誇示することなく、元のように伝統に則って従順に働き続けたので、一介の無名の職人としか記録されなかったのです。

1304年の時点で、カンポ広場に面した部分はほぼ完成していたと考えられています。南にむけて広く空間を確保し、来客を迎える場所としました。そこから出ると、9人会のロッジア、議会の間(世界地図の間)、ビッケルナの間へと進むことができます。
1308年頃に、プッブリコ宮の主要部分は完成し、現在見ることができるような建物となりました。ただ、マンジャの塔への入口のある、ポデスタ翼と呼ばれる左側部分はこの時点ではまだできていなかったようです。左翼部分が付け加えられたのは、これよりさらに40年後のことでした。
マンジャの塔の大鐘が最初に鳴らされたのは、シエナをひどい疫病が襲ったときのことでした。その年シエナの人口は激減し、周辺のどの町よりも大きな被害が出たと言われています。

完成の後、プッブリコ宮には数回の改修が施されています。その中で最も重要なものは、カルロ・フォンターナによる17世紀の改修工事でしょう。建築家アレッサンドロ・キージ7世の協力を得て両翼を増設し、行政長官の間や大階段を大きく取って、大階段から両翼へ渡ることができるようにしました。それまで臨時のものしかなかった各部屋の接続通路を整え、執務区画と接客区画の区別が明確になるように通路や木製の階段を付けるといった新整備も行いました。

19世紀末には建物のファサードに修復が加えられ、この部分を中世風の意匠に戻す方針が採用されました。
この時の修復作業によって、いくつかの部屋が観光客にようやく公開されるようになり、何世紀も関係者しか見ることのできなかった素晴らしい一連のフレスコ画を、わたしたちもまた心ゆくまで鑑賞できるようになったのです。

プッブリコ宮の中に市立美術館が設置されたのは1930年代のことです。

チケット:
通常価格
割引価格1:11〜19歳までの子供、65、大学の学生、特別な契約、軍事上の先輩とのグループ15人以上
割引価格2:学校グループ

無料:シエナの住民、11歳未満の子供、シエナの公立学校、付属の教師、1グループリーダー各15人、障害者やジャーナリスト

ご注意:バウチャーまたはチケットの提示なしに、予約された視力への入場は拒否されます。オーダーの控えでは入場は認められません。例外は認められませんので、十分にご注意ください。
ツアーオペレーター Servizi Informatici - Comune di Siena Provided by Servizi Informatici - Comune di Siena
ブック
最低料金 2.12€
1. 日にちを選んでください
価格の詳細 ヘルプが必要ですか?